ノーベル化学賞2018が決定!日本人は受賞した?画像あり

ノーベル化学賞2018が10月3日についに発表されました!

今年は、3人の科学者がノーベル化学賞を受賞しました!

 

さて、この3人の中に日本人はいたのでしょうか。

 

今回は、誰が、ノーベル化学賞を受賞したのか、どのような研究をしていたのか、賞金はいくらだったのか等を調べてみました。

 

ノーベル化学賞はだれが獲得したのか

 

ノーベル化学賞に選ばれたのは、

アメリカ人のフランシス・アーノルド氏(Frances H.Arnold)

アメリカ人のジョージ・スミス氏(George P.Smith)

イギリス人のグレゴリー・ウィンター氏(Gregort P.Winter)

 

の3人に決まりました。

残念ながら今回、日本人の受賞はなりませんでした。

 

ANNがノーベル化学賞について報道しています。

しかし、肝心の中身がないので、なんの功績で3人がノーベル化学賞を獲得したのかわかりませんね。

 

獲得理由はなに?

 

受賞者3人のノーベル化学賞の獲得理由はなんだったのでしょうか。

 

フランシス・アーノルド氏は、「酵素の指向性進化法」の業績が認められたため。

 

「ペプチドと抗体のファージディスプレイ法」の業績が認められ、ジョージ・スミス氏とグレゴリー・ウィンター氏がノーベル化学賞を獲得しました。

 

バイオ燃料から製薬まで幅広く活用することができる「酵素」を開発したことを高く評価されました。

 

賞金900万スウェーデンクローナ(日本円で約1億1400万円)の分配は

アーノルド氏が半分、ジョージスミス氏とグレゴリーウィンター氏が1/4ずつ獲得するそうです。

 

ネットの反応は?

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

日本人は獲得できませんでした。

しかし、3人もの偉大な研究者が今年のノーベル化学賞に選ばれました。

おめでとうございます!

 

次は、ノーベル平和賞の発表となります。

次回も誰が賞を獲得したかをお伝えしていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。