中国のホテルはなにを基準に選べばいいの?

 

中国へ旅行に行きたいけどホテルってどんなところを選べばいいのか

初めてだとよくわかりませんよね。

ホテルのブッキングサイトで調べても、どこにするべきか分からない

なんてことは多いのではないでしょうか。

「次の日に行く観光地に近いところでいいやっ!」

なんて適当に決めたりしていませんか?

もちろん、上海や北京、大連のように、日本人が多く訪れており、

日本語のレビューが多いところは 安心できますが、内地へ行くと

あまりレビューがないのが現実です。

そこで、中国のホテルを選ぶ際の判断基準、おすすめのホテルを

紹介します。

 

中国のホテルを選ぶ基準

 

前提として、今回説明するホテルの基準は、ドミトリー等に泊まる

予定の方にはあまり参考にならないかもしません。

 

ホテルは3つ星以上を選ぶ

 

中国のホテルには、1つ星から5つ星までの等級があります。

中国のホテルの星って?

 

2011年から施工されたこの評価方法は、1万4000件のホテルが

適用対象となりました。

星の数の評価基準は5つあります。

(1)客室の快適度

(2)各ホテルにに対して、適切な省エネ、汚染物質排出削減

プランを制定し、これを実施すること等環境保護に従事すること

(3)緊急事態(火災や地震)等の6種類の突発的事態に対処する

緊急マニュアルを策定しているかどうか

(4)従業員の研修、意識づけ、マニュアルの浸透をしっかり

行っているかどうか

(5)そのホテルはそのホテルの特色を持っているか

 

というものがあります。

この審査を等級別に示し、3つ星以上4つ星以下の条件を満たしてい

れば3つ星。4つ星以上5つ星未満の条件を満たしていれば

4つ星ホテルになります。

この判断基準で3つ星以上のホテルを選びましょう。

ホテルを調べれば、星の数は書いてあります。(もしそのホテルが

審査の対象になっていれば)

星があるだけでも安心度は増します。

そんな中、3つ星ホテルをお勧めする理由は、スタッフや部屋が

3つ星未満に比べ質がいいからです。

もし2人以上でいくなら、値段も数千円しか変わらないため、

少しグレードをあげ、質のよいホテルを選んだ方がいいと思います。

トイレが詰まってしまって、フロントに電話をしても、日本みたいに

すぐきてくれるとは限りませんし、海外はなにかと危険ですからね。

ですので、中国のホテルを選ぶ際は、3つ星ホテル以上を選びましょう。

ただ、5つ星ホテルはかなり割高です。

 

余談ですが、星がつかないビジネスホテル等は、ルームメイクが

きちんと行われていない場合や、ネズミが出る確率が高くなります。

 

スタッフが英語を話せるかどうか

 

もし、中国語ペラペラだよ!中国語少しくらいなら話せるし

聞き取りもできるよ!って方はスルーしてください(笑)

英語を話すことができるスタッフって実は内陸部に行くと少ない

です。

もちろん上海、北京西安といった大都市には必ずいます。

ルームメイカーやベルボーイまで普通に話せますので

ご安心ください。

しかし、内陸部(例をあげると湖北省等)はあまりいないと思った

方がいいです。

英語をはすことができるスタッフを探すコツは

ホテル名に「国際」とかいてあると、英語を話すことができる

スタッフがいる確率が高くなります。

ホテルの名前に「国際」と入っているホテルは必然的に

3つ星ホテル以上のグレードのかのうせいが高いです。

ですので、先ほどご説明した「3つ星以上のホテルを選ぶ」

という条件も必然的にクリアすることができます。

もちろん「国際」と名前がついているホテルに100%

英語を喋ることができるスタッフがいるとは限りません。

もし、英語、中国語が全く話せず、これって中国行けないじゃん!!

って思ってる方。ご安心ください。

日本の漢字はどこから伝わってきたかご存知ですか?

そうです。中国です。

漢字は伝わるんです。中国は台湾のように難しい漢字(繁体字)で

はなく、簡体字を使用しているため、ほとんど日本の漢字と同じです。(※中には漢字は同じでも意味が全く違うものもあります。

ですので、筆談を行えば最低限の意思疎通は可能なのです。

メモ帳と筆記用具は必ず持って行きましょう。

 

日本人の宿泊を拒んでいないか

 

中国では、日本人のホテルへの滞在を拒絶しているホテル又は

場所があります。

最近ニュースでも取り上げられました。

滞在したいホテルの情報さらに、その周辺の情報も調べる必要が

あります。

予約して実際現地へ行き、宿泊を拒絶されたら

たまったものではありません。

ホテル選びに夢中になり、その地域の情報収集を怠っては

いけません。

3番目に上記の項目を書きましたが、最重要事項だと僕は思います。

 

おわりに

 

いかがでしたか。

今回は中国への旅行の初心者の方にフォーカスして記事を書きました。

ホテルに滞在するのも海外旅行の一つの楽しみです。

そのホテル選びで失敗はしてほしくありません。

中国は日本とも距離も近いし、海外のなかでも比較的行きやすい国です。

しかし、日本とは環境が全く違うので、旅行の際は注意をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。