【蜀最後の防衛戦剣門閣】成都の旅

蜀の最後の防衛線、難攻不落の「剣門閣」

蜀漢の戦いでも大群で押し寄せる魏軍を劉禅が降伏するまで

持ちこたえました。

今回は難攻不落の天然要塞「剣門閣」をご紹介いたします。

 

剣門閣とは

 

剣門閣は現在の四川省広元市剣門閣剣に位置しています。

広元市の中心地から約50キロほど離れたところにあります。

剣門と呼ばれる由来は、城南大剣山と小剣山の谷間にあり、

両側は、断崖絶壁で、山々が剣のようであり、それが対峙して門の

ようになっていることから「剣門閣」と呼ばれるようになりました。

三国志よりも前から剣門閣は天然要塞として、多くの兵家達によって

争われてきました。

周りを険阻な山に囲まれた剣門閣は、「剣門閣を得れば四川を得る」

と言われるほど重要な地で、この地では、何百回もの戦がありました。

三国志の時代では、諸葛亮孔明が関楼の下の谷に、30里にも及ぶ

閣道を造り、北伐の拠点としました。

また、剣門閣は、成都から漢中の途中に位置するため、蜀にとって

対魏における国防の最重要拠点でした。

263年魏は大群をもって、蜀征伐を実行します。

蜀軍は魏の大群に太刀打ちできず、漢中を捨て

ここ剣門閣に立てこもります。

鍾会、鄧艾率いる魏軍10万が剣閣門に猛攻を加えますが、

蜀の殆どの兵がここに集結していたため、なかなか落とすことが

できませんでした。

姜維や張翼といった、戦慣れした将がいたのもありますが、天然の

要塞を落とすことは容易ではなかったのでしょう。

鄧艾は剣門閣は落とせないと悟ると、迂回して、陰平から山間部を突破し、

成都へ直接攻撃を仕掛けたため、劉禅では太刀打ちできず、降伏します。

この降伏するまでの3ヶ月、剣門閣は陥落しませんでした。

ここは、国家AAAAA級旅行景区、国家級森林公園であり、

中国にとっても貴重な場所です。

 

蜀の道を歩く

 

かなり広いですね。

剣門閣を周るコースは3つあります。

・2時間コース

・3時間コース

・4時間コース

今回は時間がなかったので、関楼と書かれたところまで

いってきました。関楼がいわゆる剣門閣です。

 

本当に断崖絶壁の山に囲まれている地域でした。

ここから始まります。

「剣閣」の文字が。

 

物見櫓でしょうか。

道はしっかりと整備されており、道案内も日本並みにしっかり

記されています。

ここは、四川大地震の影響を直に受けた場所なため、比較的

作りは新しいです。

四川大地震では大きな被害が出たようで、今の姿は10年のほど前に

作られたものです。

 

道を歩いていると、なにやら展示品が

「諸葛連弩」

諸葛亮孔明が発明したといわれる弓の一種です。

1回で10本の矢を射ることができるとか。兵力が呉や魏より

少ない蜀ならではの考え方ですね。

こちらは「木牛流馬」孔明作

諸葛亮が北伐の際、食料の輸送に使いました。

本当にこのように形をしていたのかはわかりませんが、

本当だとしたら可愛いですね。

 

道は続きます。やはり、この橋も新しいですね。

4輪車に乗っている諸葛亮孔明と蜀軍一行です。

剣山に近ずいてきました。

ほぼ垂直にそびえ立つ山。断崖絶壁。

ちなみにここに流れる小川の水の色はモスグリーンでした。

 

この4体の像は誰なのでしょうか。

1人は威風堂々としており、他の3人は落胆していますね。

剣閣を支えた姜維でしょうか。

 

こんなところに家が。

崖がすごい。ネズミ返しのようですね。

これでは魏軍も簡単には進入できないでしょう。

これが自然要塞と言われる所以です。この険しい山々が

ひたすら続いています。まず日本では見ることができないでしょう。

 

劉備も何度も通った場所

 

実は、劉備もこの道を何度も通っています。

211年、入蜀を目指し蜀に攻め入る劉備は、ここ剣門閣を超え

この先にある、葭萌というところに陣を築きます。

葭萌は葭萌関が有名ですね。

劉備の入蜀の際、何度も出てくる名前です。

この後、劉備は劉璋を降伏させ、益州を得ます。

 

剣門閣へ

 

いよいよ剣門閣です。

本当に山と山の間にありますね。

もう少しで剣門閣というところんい姜維の像はがありました。

大将軍として、最後まで蜀に忠誠を尽くした姜維。

孔明には及ばずとも、優秀な武将でした。

 

険阻な山々谷間にずっしり構える関。まるで空に浮かぶ白ですね。

これが剣門閣です。

3ヶ月もの間、10万の魏軍をたった3万で抑えた場所。

姜維達が降伏した場所。最後の蜀の地。

歴史がいっぱい詰まった素敵な場所です。

 

天下第一関

 

剣門閣に掲げられている

「天下第一関」

剣門閣には明代に楼閣(上の建物)が建てられ、額には

「天下第一関」と書かれ、三国時代の歴史をしのぶものとして人気です。

しかし、残念ながら、こちらも四川大地震で倒壊してしまいました。

 

剣門閣の写真集

 

剣門閣からの景色です。

遠くまで見渡すことができ、敵が攻め込んできたら一目で

分かりそうです。

どこまでも山々に囲まれています。

断崖絶壁

 

反対側から。

 

少し離れたところから正面を一枚

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

都(成都)を守る天然の要塞「剣門閣」

劉備、孔明が使い、姜維が守り抜いたこの地は

三国志の歴史が詰まっています。

秋には紅葉も楽しむことができるそうです。

ぜひ訪れてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。