口永良部島噴火2018現在の様子は?動画や警戒レベル4ってなに?

 

2018年12月18日、屋久島の西にある口永良部島3年ぶりに噴火しました!

 

口永良部島の噴火により、火砕流が発生し

広範囲にわたって流下しています。

 

現在の様子や噴火の動画、また危険レベル4とはなんなのでしょうか。

調べてみました。

 

口永良部島噴火

 

 

今日12月18日(火)16時37分頃、屋久島の西にある口永良部島爆発的噴火が発生しました。
噴煙は火口上2000メートル(海抜約2500メートル)で雲に入り、到達高度はわかっていません。
この噴火で、火砕流が火口の西側へ1000メートル流下しました。口永良部島では、今年10月から続いていた断続的な噴火が、今月13日に停止していました。
参照元:live door news

現在、屋久島町全域で自主避難指示が出されています。

 

現在のところ、噴火によるけが人、避難者の数は把握できていません。

 

以前口永良部島が噴火したのは、2015年5月29日です。

当時も爆発的な噴火が起こり、海岸まで到達する火砕流が発生しました。

これにより、全島避難となりました。

 

噴火(過去)の動画や画像

 

2018年12月18日に起きた口永良部島の動画は現在まだあげられていません。

 

しかし、今回の噴火も2015年の噴火と引けを取らないものです。

過去の噴火画像です。

 

被害状況は?

 

現在までで、死傷者が出たという情報は入っていません。

実は、現在把握すらできていない状況にあります。

 

それほど激しい噴火が起こりました。

この噴火で火山灰等による被害はどれほど出たのでしょうか。

 


激しい噴火ということもあって、かなり火山灰が降り積もっているのがわかります。

火山灰は絶対に体内に入れないでください!とても危険です。

 

警戒レベル4とは?

 


参照元:気象庁

警戒レベル4とは、避難準備が必要ということです。

2015年に起きた噴火は危険レベル5でした。

警戒レベル5は、居住地にず宇内な被害を及ぼす噴火が発生した場合に発せられます。

 

警戒レベル4は、居住地域ん重大な被害を及ぼす噴火が発生すると予想されることを指します。

 

今回の噴火で、すでに自主避難が始まっていますので、

かなり危険な噴火であることがわかります。

 

おわりに

 

今回の噴火も爆発的な噴火ということで、

周囲に住む住民には多大な被害がでることが予想されます。

 

どうかみなさん無事であってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。