2018年10月たばこが大幅値上げ!その銘柄は??もうやめるしかないw

たばこ税が10月1日から増税することがきまりました。

それに伴い、日本産業(JT)がたばこの小売価格を改定する

ことを決定しました。

さて、もっとも重要なことは、どの銘柄が値上げされるかです。

J Tは150銘柄のたばこを値上げすると発表しています。

 

政府の決定

 

政府は2018年10月1日から、たばこ税率の値上げを決定しました。

今までは20本(一箱)あたり、228.48円だったのに対し、

10月1日からは248.48円に引き上げました。

20円の値上げとなります。

今回は、値上げは、20円のみとなりますが、

さらに、2020年10月、201年10月にも値上げをする方針でいます。

 

小売価格を改定するのは、かみたばこ122銘柄、葉巻たばこ、1銘柄

パイプタバコ3銘柄、かぎたばこ、14銘柄の合計143銘柄です。

また、これに加え、アイコスや、プルーム・テック等の加熱式たばこも

値上げする予定で、全て含めると150銘柄となります。

 

代表的なたばこの値段

 

・ナチュラルアメリカンスピリット:480円→520円
・セブンスター:460円→500円
・ピース:460円→500円
・メビウス440円→480円
・マールボロ:470円→520円
・ラーク:420円→470円
・パーラメント;450円→500円
・バージニアエス:450円→500円
・ケント:420円→450円
・クール:450円→480円
・ラッキーストライク:460円→500円
・ピアニッシモ:450円→480円
・ウィンストン:420円→450円
・ハイライト:420円→450円
・ホープ:230円→250円
・キャメル:380円→400円
・加熱式たばこ:460円→490円

となっています。

アメリカンスピリット、ファンの多いマールボロは

もともと少し高かったのですが、ついにワンコインでは買えない値段になっていしまいました。

 

たばこ税増収で財源は潤うのか?

 


参照:財務省

帯グラフのは国のたばこ税収を示しており、黄色は地方のたばこ税収を示しています。

基本的には横ばいの推移となっています。

ただ、やはり紙たばこの販売数は、かなり減ってきていますね。

そのため、税収を増やし、財源をまかなう政策のようです。

しかし、たばこ税をあげたことにより、たばこを購入する母数が減ってしまうことが

懸念される等、政府内でも対立があります。

今年の10月1日からの動向次第ということになりそうです。

 

たばこ税増税の反応は?

 

 

たばこ税値上げで喜ぶのたばことは無関係な方と政府くらいでしょうか。

しかし、年々喫煙者率も減ってきているので、いい機会かもしれません。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

ついにメジャーな銘柄が一斉に値上げされます。

カートンで買いたい人は早く購入したほうがお得ですし、

これを機に止めるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。