七五三の親の服装は?NGな服は?父親母親別に徹底解説!

七五三の準備はどうしたらいいの?親の服装編

可愛い盛りなお子さんのための七五三。

お子さんたちの準備で手一杯になり、ご両親自身の準備が済んでいない状態ではありませんか?

お子さんにあれも着せたい、これも着せたい、5歳男の子の服装は?3歳の女の子はこれで大丈夫なの?

あれこれ悩みつつ、やっと準備が最終段階になって、自分たちの服をどうしたらいいのか考えるのも疲れてしまった。

そんな親御さんのために、七五三で親が着る服装選びのポイントをまとめました。

七五三の主役はこども達です!

ズバっとした言い方をすれば、お子さんたちよりも、自分たちの服装が格下になるようにチョイスすることがポイントのひとつです。

あくまでも、主役はお子さんたちですので、ご両親が華やかに際立ってしまっては本末転倒になります。

お祝いごとではあるので、ネックレスやコサージュを1つ付けるなどして、目立ちすぎない程度に着飾ると良いです。

子供より格下になるようにするには?

お子さんの服装が、和装か洋装かによって、ご両親の服装は変わってきます。

なので、お子さんの服装を先に決めてから、親の服装を合わせるのがポイントです。

子どもの服が和装の場合は、ブラックフォーマルスーツ着物(訪問着、色無地、付け下げ)にします。
留袖まで着ないでください。

付け下げ以下の小紋や袖はNGなので気をつけるようにしましょう。

子どもの服が洋装(ワンピースやスーツ)の場合は、ブラックフォーマル以外のスーツやワンピースだとよいです。

両親の間で格を揃える

ご両親の間では、格を揃えることがポイントです。

ご両親の間で格を揃えた服装にするには、お子さんに合わせた母親の服装を基準に父親の服装を揃えるといいでしょう。

万能なのは、ダーク系紺のビジネススーツです。

母親の服装がフォーマルスーツか着物なら、父親はフォーマルスーツで大丈夫です。

シャツは、白か淡いブルーやピンク系で派手すぎないものを選んでください。

お祝いごとなので、ネクタイは明るい色にします。

母親がワンピースやフォーマル以外のスーツであれば、父親はビジネススーツがいいです。

ラフでも大丈夫なの?

基本は、正装です。

しかし、近頃はご家庭ごとに服装がさまざまになってきています。

母親と父親で揃っているのであれば、カジュアルなジャケットやスラックスも大丈夫なので、ラフな感じの格好で家族の七五三の写真を撮る方々もいます。

堅苦しすぎず、ラフになりすぎないほどにバランスを整えれば、特に問題はありません。

まとめ

今回は、七五三に着ていく親の服選びのポイントをまとめました。

最後にもう一度、そのポイントをまとめますと、

  1. 子どもより格下の派手すぎない正装
  2. 両親の間では格を揃える(揃っていればラフもOK)
  3. 家族全体のバランスを見る

たいていは、ダーク系のスーツスタイルが母親、父親ともに定番になっていますね。

個人的には、お子さんたちが華やかに引き立てられる格好であれば、ご両親のバランス次第で決めていいと思いました。

思い出に残るような七五三の写真をイメージしつつ、自分たちの準備をすれば、あまり悩みすぎずに服装を選べるでしょう。

親子ともに七五三の準備から、当日までを良い思い出にしていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。