樋田淳也最新情報!協力者も逮捕 自転車で日本一周の旅をしていた??

 

大阪富田林署を脱走した樋田淳也容疑者が、昨日、山口県内で身柄を拘束され、

9月30日大阪府警が、樋田淳也容疑者を加重逃走の容疑で再逮捕しました。

 

今回は、現時点までに報道されている樋田淳也容疑者の最新情報

まとめてみました!

 

山口県で逮捕された時の状況

 

今回は、時系列で、9月29日の樋田淳也容疑者の行動を説明していきます。

9月29日の樋田淳也容疑者の行動
17時50分頃:山口県周南市の道の駅「ソレーネ周南」で菓子パンや飲み物などを計5点(1053円)を万引き
その後、女性警備員に引き留められ、事務所へ連行18時27分:万引きの疑いで、警備員が警察に通報、窃盗の容疑で現行犯逮捕30日
5時:府警本部で会見
11時頃:身柄を府警本部に移す
現在:取り調べ中

 

逮捕当時の樋田淳也容疑者の格好は、ウインドブレーカーを着てスニーカーを履いていました。

所持金はわずか、280円のみ。

万引きが見つかった時、樋田淳也容疑者は

「財布を取りに行こうとしただけで、納得がいかない」

と容疑を否認しており、事務所でも椅子に座ろうともしませんでした。

 

万引きを発見した女性警備員は、樋田淳也容疑者だとは気づかなかったそうです。

 

樋田淳也容疑者の見た目の変化

 

こちらが、逃走前に撮影された樋田淳也容疑者の顔です。

逮捕当時の樋田淳也容疑者の顔になります。

顔は見えていませんが、髪の毛は剃り、肌も焼けているように感じます。

以前の面影が全くありません。

 

顔を隠しているのは、なんのためでしょうか。

また逃走を図っているのでしょうか。

 

樋田淳也容疑者は友人へ「逃走とか楽勝やろ」

と語っていいたため、再度そのチャンスを狙っているため、顔を隠しているのではないでしょうか。

 

逃走手段はなんだったのか。

 

大阪から、山口県までの逃走手段は何だったのかというと・・・

こちらのクロスバイクです。

盗難自転車のようで、逃走初期の時点で手に入れており、自分自身で、旅仕様に変更。おそらく荷物も盗んだものでしょう。

 

寝泊りの場所は、道の駅や、野宿だったそうです。

 

実際、ボクも自転車で日本一周をしたことがありますが、

道の駅には、数名ほどこのように野宿をしている方がいるので、不思議なことではないんですよ。

だからなかなか気づきにくいです。

 

なぜ自転車を選んだのか

 

なぜ公共交通機関を使わなかったのか。

おそらく、恐怖心があったからでしょう。

電車は、停車駅に止まるまでの間、密閉空間に閉じ込められるうえ、

次の停車駅で、警官が待ち構えているかもしれないという心理から

恐怖で使えなかったのではないかと考えます。

 

樋田淳也容疑者は、大阪を出たあと、四国へ行き、しまなみ海道を通って、愛媛から山口県にでた可能性が高いです。

 

樋田淳也容疑者の協力者がいた?

 

樋田淳也容疑者には、一緒に自転車で旅をする協力者がいました。

その男の名前と顔は明らかとなっていませんが、44歳の無職ということが分かっています。

 

この44歳の無職の男も、自転車を盗難していたため、占有離脱物横領の疑いで逮捕されています。

おそらくこれに、被疑者隠匿の容疑があると思います。

 

44歳無職男性は、一人で日本一周をしていたとき、樋田淳也容疑者と知り合い、

一緒に行動していたようです。

コメントでは、「彼が樋田淳也容疑者とは知らなかった」

と供述していることから、隠匿の可能性は低いのではないでしょうか。

むしろ、知っているたら通報して懸賞金500万円をもらっていたはずです。

 

また、日本一周をしているときは、よく、知らない人と走ったりします。

ボクも東北で台湾人の方と一緒に走った経験があります。

ただ、自転車を盗んでいたということで、何らかの科料を課せられるでしょう。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

協力者も逮捕されていることから、樋田淳也容疑者も、もう言い逃れできない状況です。

 

あらたな供述が出次第、随時ブログを更新していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。