音量を上げろタコがつまらないと話題に!評判や評価をまとめてみた!

阿部サダヲ主演、吉岡里帆ヒロインの映画

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」

が10月12日に上映が開始され、1週間が経ちますが評判や評価はどうなのでしょうか。

 

すでに大コケ、大爆死、つまらない等々の意見を聞いていますが実際見た方はどう思っているのでしょうか。

視聴者の本音をまとめてみました!

 

映画「音量を上げろタコ!」とは

 

評価や評判を調べる前に、まずこの映画はどんな映画なのかを調べてみました。

 

映画のあらすじ

 

驚異の歌声を持つロックスター、シン(阿部サダヲ)。その存在自体がロックであり、カリスマ的な人気を誇っているが、実は彼には秘密があった。
彼の歌声は「声帯ドーピング」というオキテ破りの方法によって作られたものだったのだ。長年にわたる声帯ドーピングの副作用で、限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱える彼が出会ったのは、異様に声の小さいストリートミュージシャン、ふうか(吉岡里帆)だった。2つの歌声が出会ったとき、世界を変えるほどの奇跡が起きる!?
参照元:https://hlo.tohotheater.jp/net/movie/TNPI3060J01.do?sakuhin_cd=016045

声帯ドーピングとは発想がおもしろいですね。

阿部サダヲさんは、バンドご自身で組んでいるのでこの映画にはとてもあっているのではないでしょうか!

 

キャスト

 

監督・脚本

三木聡

キャスト

阿部サダヲ→シン
吉岡里帆→明日葉ふうか
千葉雄大→坂口
麻生久美子→女医
小峠英二→自滅

 

 

バイキング小峠さんが出てるのは「タコ」となにか関連があるのでしょうか(笑)

 

視聴者の感想は?

 

実際に映画「音量を上げろタコ!」を見た人の感想をまとめてみました。

 

 

つまらない理由はなに?

 

SNSの感想では、面白いというかたもいましたが、つまらないと思った方のほうが多い印象でした。

 

映画ランキングでも、初登場時は12位と宣伝をした割には伸びず、

興行収入も10億円いかないのでは?と言われています。(10月21日時点で11位)

 

阿部サダさんは、とても味のある役者さんなので直接的な理由はないと思います。

そうなると、ヒロインの吉岡里帆さんが原因なのでしょうか。

 

歌唱力等も悪くなかったのですが、演技力が主演の阿部サダヲさんと比べてしまうと、どうしても劣ってしまいます。

 

また、宣伝に力を入れすぎて宣伝用に編集した映像と実際の映画との格差がひどかったのではないでしょうか。

宣伝用の映像をみて、映画を見に行く方がほとんどだと思うので、

そのギャップでつまらないと感じてしまったのではないでしょうか。

 

確かに、広告のインパクトでかいですからね。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

つまらないという意見が多い中、面白かったと感想していた方もたくさんいたので、

口コミが広がり、これからランキングも上がってくるのではないでしょうか。

 

始まったばかりなので、気長に人気になるのを待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。