散り椿はつまらない?ランキング急降下の理由は?

9月28日から公開された、岡田准一主演の映画「散り椿」が

映画を観た人が次々とつまらないと評価しています。

 

岡田准一といえば、ジャニーズでもトップクラスの人気を誇る俳優ですが、

なぜこのような評価になってしまったのでしょうか。

そもそも、この評価は正当なものなのでしょうか。

 

今回は、映画「散り椿」が本当につまらないのかを調べてみました。

 

映画「散り椿」とは

 

「散り椿」は、葉室 麟(はむろ りん)氏による日本の時代小説です。

それを原作にして作られた映画が、「映画散り椿」です。

 

あらすじ

 

享保15年。藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け藩を追われた瓜生新兵衛(岡田准一)。
追放後も連れ添い続けた妻・篠(麻生久美子)が病に倒れ、死を迎えようとするなか、最期の願いを新兵衛に託す。
それは、藩に戻って榊原采女(西島秀俊)を助けてほしいというものだった。
新兵衛にとって采女は、かつては良き友であり良きライバル、篠を巡る恋敵であった。
そして新兵衛の藩追放に関しても、大きな因縁を持つ男……。妻の最期の願いを叶えるため、
新兵衛は藩の過去の不正事件の真相と、その裏に隠された篠の本当の思いを突き止めようと決意。
篠の妹・坂下里美(黒木華)とその弟・藤吾(池松壮亮)は、故郷へ戻った新兵衛に戸惑いをみせるが、亡くなった篠を一筋に想う姿や、不正を正そうとする凛とした生き方にいつしか惹かれていく。
そんななか、ある確証を得た新兵衛は、采女と対峙する。そこで過去の事件の真相や、妻が遺した願いの苦しく切なくも愛に溢れた真実を知る新兵衛。だが、その裏で大きな力が新兵衛に襲いかかろうとしていた。
参照元:Movie Walker

キャスト

 

瓜生新兵衛 – 岡田准一
榊原采女 – 西島秀俊
坂下里美 – 黒木華
坂下藤吾 – 池松壮亮
瓜生篠 – 麻生久美子
篠原三右衛門 – 緒形直人
宇野十蔵 – 新井浩文
平山十五郎 – 柳楽優弥
篠原美鈴 – 芳根京子
坂下源之進 – 駿河太郎
千賀谷政家 – 渡辺大
田中屋惣兵衛 – 石橋蓮司
榊原滋野 – 富司純子
石田玄蕃 – 奥田瑛二

 

主演は岡田准一さん。岡田准一さん演じる瓜生新兵衛のライバル役に、榊原采女役の 西島秀俊が出演されています。

 

映画の評価は?

 

9月28日に公開された「散り椿」は初登場で、堂々の3位にランクインしています。

 

公開から2週間が経とうしている現在のランキングは何位なのでしょうか。

10月9日現在の散り椿のランキングは7位です。

 

一気にランキングが落ちてしまいました。

 

いったい何があったのでしょうか。

 

岡田准一は、結婚してから人気がガタ落ち、ファン離れが止まらない

という記事を見たことがあります。

本当に人気がなくなってしまったのでしょうか。

 

そんなことはありません!

 

 

週末動員ランキングが7位で、 9月29日~10月5日の週間観客動員数は1位だったみたいですね。

 

 

映画をご覧になった大半の方が、岡田准一さんお「殺陣」をべた褒めしています。

さすが、ジャニーズNO.1俳優といわれるだけあります!

 

おわりに

 

映画「散り椿」がつまらないという意見が目立ったのは、

ランキングが7位に転落したことによる同調、または、原作の小説と比べてみると、映画のほうが劣っているため、つまらないと発言したのでしょう。

 

マスコミも、岡田准一が「結婚したことによりファン離れが止まらない」と報道しまくっています。

 

みなさん騙されてはいけませんよ!

岡田准一さんは人気はありますし、映画「散り椿」は素晴らしい映画です。

 

まだ観に行ってない方はぜひ、劇場で岡田准一と西島秀俊の美しい殺陣をご覧になってください!もちろん内容も素晴らしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。