オリエンタルラジオヒルナンデス卒業の理由を暴露?人気の低迷が原因か?

 

人気お笑いコンビの「オリエンタルラジオ」の2人が

ヒルナンデスを卒業することを発表しました。

6年間続けてきただけに、ヒルナンデスを卒業する理由はとても気になります。

 

そこで今回は、なぜオリエンタルラジオは、ヒルナンデスを卒業するのか

を調べてみたいと思います。

 

オリエンタルラジオ卒業の放送内容

 

 

番組冒頭コーナーの「男だけの修学旅行」でオリラジが登場。

中田敦彦が「今回発表があります。最後の修学旅行です!」と宣言。
そして「我々オリラジ、ヒルナンデスを卒業します。悲しむことじゃない」と明るい表情を浮かべ「最後だし、適当にやりますか!」とコメントし、他の出演者を笑わせていた。

スタジオでも、この日で最後であることを改めて紹介されると、中田は「(ロケは)適当にやった割には面白かった」とジョークを飛ばしスタジオも爆笑。
一緒にロケに行ったHey!Say!JUMPの有岡大貴と八乙女光も「ロケは勿論、バスの中も最高に楽しい」とオリラジとのロケの思い出を語り、2人を感激させていた。

最後の修学旅行は埼玉県川越市。川越グルメなどを堪能した後、
川越熊野神社にお参りし「いままでありがとうございますと。ヒルナンデスへの感謝」を祈ったと話す中田へ、
藤森慎吾が「(好感度上げようとして)ずるいぞ」と猛突っ込み。最後まで笑いに包まれたロケになった。

またロケ最後には藤森が「火曜日が楽しみだった。また違う形で皆さんとお会いできることを願って頑張りたい」とあいさつしていた。
引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/15353867/

となっています。

いまのところ、中田さんと藤森さんから直接のコメントは出ていません。

Twitterも調べましたが、ヒルナンデスについてはツイートしていませんでした。

 

卒業の理由は人気の低迷?

 

6年間もレギュラーを続けていて、卒業の理由が人気がないからは少し考えにくいです。

でも、人気があるかないかって、実際のところ分からないですよね。

人気を確認してみるには、ツイート確認するしかないでしょ

てことで、視聴者は、オリエンタルラジオのヒルナンデス卒業に対して、

どのような感想を持ったのか調べてみました。

 

一通り調べてみた結果、意見が多いツイートを抜粋してみました。

ローカル線の旅、男旅、スタジオでのいじりが特に人気があるらしく、

卒業を悲しむ声が多くありました。

 

また、「2人は需要ありまくりなんだよ・・・」

という声もみられました。

上記の事から、オリエンタルラジオのヒルナンデス卒業は、人気の低迷が理由ではないことがわかります。

 

ヒルナンデス以外に力を入れたい仕事がある?

 

となると、卒業の理由は、本人たちにありそうです。

最近は、お笑いだけではなく、ドラマに、音楽と幅広いジャンルで活躍しています。

現在のレギュラーは4本ですが、お昼から始まる、ヒルナンデスは、オリエンタルラジオの行動を抑制していたのではないでしょうか。

放送時間は、お昼からといっても、リハーサルやらなんやらで、朝は早いでしょうし。

 

おわりに

 

オリエンタルラジオがヒルナンデスを卒業した理由は、人気の低迷ではなく

「自分自身の成長のため」

ということができるでしょう。

 

しかし、6年間ヒルナンデスに出演し続け、お昼の顔になっていただけに、

視聴者の方々には、ショックは大きいと思います。

オリラジが抜けた後は、誰がそのポジションに入るのでしょうか。

オリラジの後は、荷が重そうですね。

 

何はともあれ、6年間お疲れさまでした!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。