前田憲男死亡!死去の理由は?病気や闘病生活は過酷だった!?

 

日本を代表するジャズピアニストで編曲家の前田憲男さん死亡しました。

ピアノの腕前だけでなく、編曲の才能もあった前田さんは、

多くの人を虜にする曲を弾き、そして編曲をしてきました。

 

前田憲男さんの死因や闘病生活はどうだったのでしょうか。

調べてみました。

 

前田憲男プロフィール

 

・名前:前田 憲男(まえだ のりお)
・本名:前田 暢人(まえだ のぶひと)
・生年月日:1934年12月6日
・享年:83歳
・逝去:2018年11月25日
・出身地:大阪府
・職業:作曲家・編曲家・指揮者
・担当楽器:ピアノ・オルガン
・受賞歴:芸術祭奨励賞・南里文雄賞・第20回日本レコード大賞編曲賞など

 

あまり曲を知らないという方も、ミュージックステーションのテーマソング

といえばお分かりになるのではないでしょうか。

そうなんです。あの曲は前田憲男さんが制作した曲だったんですよ!

素晴らしいミュージシャンでした。

 

 

前田憲男死去

 


前田憲男さんは、10月3日から肺炎で入院しており、

治療を続けていましたが、ついに帰らぬ人となってしまいました。

享年83歳でした。

 

本日11月27日に前田憲男さんがお亡くなりになったと報道がありましたが、

実際は、11月25日に亡くなっていました。

 

通夜祭は12月4日午後6時から、葬場祭は12月5日11時から

青山葬儀所で行われます。

 

闘病生活は過酷だった?

 

前田憲男さんは、肺炎のため10月3日から都内の病院に入院をしていました。

 

肺炎ということで呼吸すら大変な状態だったのでしょう。

 

約2か月の闘病、治療を続けてきましたが、よくなることはありませんでした。

 

闘病生活はどうだったのでしょうか。

調べてみたのですが、闘病の様子等はわかりませんでした。

 

呼吸器官の病気はとても大変です。

入院したとなるとやはり、呼吸がうまくできない状態だったのでしょう。

 

SNSの反応は?

 

 

おわりに

 

今年は多くの著名人の方々がお亡くなりになりました。

もう一生前田さんの音楽を生で聴けないというのは

とても悲しいです。

 

ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。