【江波杏子死亡】死因は?昔や現在はどんな人だった?

 

朝の連続テレビ小説や、人気ドラマ・映画に多く出演していた女優

江波杏子さんが、お亡くなりになりました。

 

亡くなる直前まで仕事をしていたというまさに生涯女優を成し遂げた素晴らしい女優でした。

 

今回は、江波杏子さんの死因や、昔の画像、現在までの生きざまを調べてみました。

 

江波杏子さんのプロフィール

 

・本名:野平 香純(のひら かすみ)
・芸名:江波 杏子(えなみ きょうこ)
・生年月日:1942年10月15日
・享年:76歳
・出身地:東京都渋谷区千駄ヶ谷
・所属事務所:アルファエージェンシー
・活動期間:1960年~2018年10月27日
・代表作:ちりとてちん、女賭博師シリーズ

江波杏子さんの曽祖父は、沖田総司をかくまった柴田平太郎という方です。

母親の江波和子さんは、戦前まで東宝で活躍していた映画女優でした。

 

なんとも素晴らし一族ですね。

1960年に「明日から大人だ」でデビューします。

 

芸名は母親の芸名と新聞連載小説「杏っ子」に由来しています。

 

多くのドラマ、映画に出演しごくせんや、連続テレビ小説「ちりとてちん」や「カーネーション」に出演していたのを覚えている方も多いのではないでしょうか。

 

江波杏子死去

 

江波和子さんが亡くなったのは、10月27日の21時6分でした。

 

亡くなる前日に突然体調が悪くなり、緊急入院しましたが、

回復することなく、そのまま病院で亡くなりました。76歳でした。

 

10月22日まで、NHKのラジオの収録をしており、まさに生涯女優というのにふさわしい女優でした。

 

所属事務所のアルファエナジーからのコメントです。

 

「去る10月27日(土)21時6分江波杏子が急逝致しました。26日(金)に体調不良(呼吸の状態が悪化)を訴え、14時に都内の病院に緊急入院致しましたが、回復することなく翌27日(土)夜に息をひきとりました」と説明。「あまりに突然の出来事に言葉もありません」

 

本当に突然の死だったのですね。

誰も予期しなかったことです。

 

 

死因はなに?

 

江波杏子さんの死因は何なのでしょうか。

死因は肺気腫です。

 

緊急入院する前、江波杏子さんは呼吸がうまくできない状態でした。

しかし、肺気腫は以前から患っており、日常生活には差し支えなかったといいます。

 

歳のせいか、疲労が原因か、ついに限界が来てしまったのでしょう。

 

昔の江波杏子さんが美しすぎる

 

江波杏子は70代になっても、70代に見えない肌の持ち主でとても若々しく

見えましたが、昔、若いときはどうだったのでしょうか。

 

女賭博師シリーズの時の江波杏子さんです。

花が高くパッチリお目目でまるで人形のようです!

日本人離れした顔つきで、今だと西洋人かハーフに間違うほどです!

 

江波杏子さんは純日本人ですよ!

 

こんな女優が映画やドラマに出てたら毎日見ても飽きないですね。

 

 

白黒写真でもこの美しさ。これはすっぴんでしょうか?

 

現在のように「盛る」という技術がなくてもこの美貌です。

まさに高嶺の花という言葉が似合います!

 

実際、その顔やボディからグラビアやヌードモデルの仕事も行っていたそうです。

買いますよこんな人が雑誌の表紙だったら!

 

年をとっても若々しく美しい女性でしたが、お若いときはさらに美しい女性でした。

 

2018年はどんな仕事をしていた?

 

江波杏子さんは、今年どのような仕事をしていたのでしょうか。

2018年に出演したドラマや映画を探してみました。

 

・ドラマ

京都人の密かな愉しみ Blue 修行中 祝う春

(2018年4月 NHK BSプレミアム)松陰夕エ役

限界団地(2018年6月~7月東海テレビ)東加代子訳

山村美紗サスペンス 赤い霊柩車37(2018年11月16日放送予定 CX) 志村綾乃役

こちらは、単発ドラマとしての遺作となります。

「小吉の女房」(2019年1月11日 NHKBSプレミアムで放送予定)

こちらは、連続ドラマとしての遺作となります。

 

・映画

娼年(2018年4月6日)

映画作品としての遺作

 

今年は、3本のドラマと、1本の映画に出演。

来年のドラマの出演も決まっており、まだまだ芸能界には必要な女優でした。

 

SNSの反応

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

多くのドラマ、映画でその存在感を放っていた江波杏子さん。

 

今年は多くの著名人がなくなる年となりました。

昔からテレビで見ていた人が亡くなるのはとても悲しいです。

 

江波杏子さんもボクが小さい時からご活躍されていたベテラン女優でした。

 

ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。